巨人、今季初7連敗で「3連覇」消滅…阪神は2007年以来の巨人戦勝ち越し

巨人、今季初7連敗で「3連覇」消滅…阪神は2007年以来の巨人戦勝ち越し

7回2死1、2塁、内野ゴロに倒れた坂本(12日)=西孝高撮影

 阪神2―1巨人(セ・リーグ=12日)――阪神は2007年以来の巨人戦勝ち越しを決めた。二回に近本の2点打で先行、3投手のリレーで反撃を1点に抑えた。巨人は今季初の7連敗でリーグ3連覇が消滅。

◇  中日3―2ヤクルト(セ・リーグ=12日)――中日が逆転勝ち。六回に木下拓の2点適時打で追いつき、八回に高松の犠飛で勝ち越した。柳が8回2失点で11勝目。ヤクルトは勝負所で投手陣が粘れなかった。

◇  広島3―0DeNA(セ・リーグ=12日)――広島が6連勝。四回に鈴木誠の適時二塁打で先制し、八回は鈴木誠の2ランで追加点。4投手が零封リレーした。九里は12勝目。DeNAは東を援護できなかった。

関連記事(外部サイト)