神戸国際大付、夏初の勝利…北海を接戦で破る

神戸国際大付が夏初の勝利

神戸国際大付、夏初の勝利…北海を接戦で破る

神戸国際大付、夏初の勝利…北海を接戦で破る

3回神戸国際大付2死2塁、森田が適時打を放つ(12日、甲子園球場で)=前田尚紀撮影

 神戸国際大付5―4北海(2回戦=12日)――神戸国際大付(兵庫)が夏の甲子園初勝利を飾った。

 谷口が六回に同点ソロ、2点を追う七回には2打席連続アーチとなる逆転3ランを放った。昨夏準優勝の北海(南北海道)は序盤に2点先行したが、守りきれなかった。