故障者リスト入りの田中「腕に張りがある感じ」

 【ニューヨーク=宮崎薫】右肩の炎症のため、故障者リスト(DL)入りした米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(28)は12日、ヤンキースタジアムで報道陣の取材に応じ、「(右肩は)痛みはない。腕全体に疲れを感じているというか、張りがある感じ」と状態を説明した。

 五回途中で降板した9日のブルージェイズ戦の後半に違和感を感じ、「(通常通りに)次の登板に向かうにあたって、ベストの状態でマウンドに上がるのは厳しいのではないかと思った」と首脳陣に症状を伝えたという。10日以降はノースローで調整しており、「回復に向かっている」と話した。

 田中のDL入りは、右手首を痛めた2015年4月以来3度目。田中は「残念な気持ちはあるが、長い間(チームを)離れることになるとは思っていない」と早期復帰に向けて意欲を見せた。