「大事な試合」畠が投打に躍動、DeNAに快勝

「大事な試合」畠が投打に躍動、DeNAに快勝

6回2死2、3塁、ロペスを空振り三振に仕留め、雄たけびをあげる畠(17日)=伊藤紘二撮影

 巨人6−1DeNA(セ・リーグ=17日)巨人の新人はたけが、同率3位で並んでいたDeNAとの直接対決で躍動した。

 一回、球界を代表する好打者の筒香に対して、直球を5球続けて空振り三振に仕留めて勢いに乗った。五回まで四つの四球を与えながらも、無安打投球を繰り広げた。

 五回裏の攻撃では、小林の適時打でリードが4点に広がった後、なおも一死満塁の好機で2番手・加賀の直球を中前へはじき返し、プロ初安打、初打点もマークした。

 「チームにとって大事な試合。後先は考えずに、全力で打者一人一人を抑えたい」と語っていた新人右腕は、7回を投げて2安打無失点の好投。新人右腕の投打の活躍で、巨人は再び単独3位に立った。