侍ジャパン初黒星、米国に惜敗…連覇狙う韓国も台湾に敗れる

侍ジャパン初黒星、米国に惜敗…連覇狙う韓国も台湾に敗れる

7回1死、アデル(左)に本塁打を許した大野雄(12日)=稲垣政則撮影

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」(読売新聞社協賛)は12日、東京ドームなどで2次ラウンドの3試合が行われ、1次ラウンドB組1位の日本代表「侍ジャパン」は3―4で米国(A組2位)に惜敗して今大会初黒星を喫し、2勝1敗(1次ラウンドからの持ち越しの1勝を含む)となった。メキシコ(A組1位)は3―0で豪州(C組2位)を退けて3勝とし、単独首位。台湾(B組2位)は大会連覇を狙う韓国(C組1位)を7―0で破り、2次ラウンド初勝利を挙げた。13日にメキシコと対戦する日本の予告先発は今永(DeNA)と発表された。