巨人のウィーラーが猛打賞…広島に圧勝

巨人のウィーラーが猛打賞…広島に圧勝

巨人圧勝 ウィーラー猛打賞

巨人のウィーラーが猛打賞…広島に圧勝

5回2死2塁、中島の適時打で生還したウィーラー(1日)=稲垣政則撮影

 巨人11―3広島(セ・リーグ=1日)――5番で起用された巨人のウィーラーが打って走って、存在感を示した。

 二回の第1打席は、同点に追いつく適時打。岡本の二塁打に続き、広島・床田の外に逃げるチェンジアップに食らいつき、ゴロで中堅へ運んだ。「走者を三塁に進めることを考えて打席に入りました。早めに追いつけて良かった」とほっとした表情だ。

 三回は犠飛できっちり仕事を果たすと、五回は「足」で見せた。二死走者なしから、内野安打で出塁すると、暴投の間に二塁へ。中島の右前打で、100キロの巨体を揺らし、本塁に突入。回り込んで滑り込み、捕手のタッチをかいくぐってホームを陥れた。

 六回も安打を放ち、岸田の犠飛で生還した。この回限りで退いた。4打席連続で得点に絡み、移籍後初の猛打賞。ベンチの起用に見事に応えた。

関連記事(外部サイト)