G、今季最多タイ14安打で大勝…DeNAは一発攻勢で快勝

G、今季最多タイ14安打で大勝…DeNAは一発攻勢で快勝

6回1死、岡本が満塁本塁打を放つ=稲垣政則撮影

 巨人11−3広島(セ・リーグ=1日)――巨人が今季最多タイの14安打を放って大勝。三回に中島の適時二塁打などで3点を勝ち越すと、六回、岡本の満塁本塁打で突き放した。広島は投手陣が粘りきれず。

    ◇

 中日3−1ヤクルト(セ・リーグ=1日)――中日は八回、大島の2点適時打で勝ち越した。8回1失点と好投の勝野が今季初白星を飾った。ヤクルトの小川は自らの失策も失点に絡み、今季初黒星を喫した。

    ◇

 DeNA7−3阪神(セ・リーグ=1日)――DeNAが一発攻勢で快勝。五回に佐野の2ランで勝ち越し、その後も宮崎のソロなどで加点した。今永が7回10奪三振の力投。阪神は西勇が踏ん張れなかった。

関連記事(外部サイト)