ソフトバンク・長谷川勇也外野手がコロナ陽性…2日の西武戦は中止

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスは1日、長谷川勇也選手(35)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性だったと発表した。球団はこれに伴い、2日の埼玉西武ライオンズ戦(福岡ペイペイドーム)の中止を決めた。6月19日の公式戦開幕後、12球団の選手が陽性となるのも、新型コロナ感染による公式戦の中止も初めて。

 球団によると、長谷川選手は7月31日の就寝時に微熱とのどの違和感があり、1日に病院でPCR検査を受け、陽性となったという。現在は発熱などの症状はなく、自宅待機している。

 長谷川選手はファームで調整中で、7月29〜31日は福岡県筑後市のファーム施設での練習や試合に出ていた。同施設を利用している一軍選手やスタッフがいることから、球団は専門家の助言により、2日の西武戦を中止した。3日以降は、選手、スタッフにPCR検査を行ったうえで判断する。

関連記事(外部サイト)