【プロ野球】ついに突入! DeNA「はじめてのクライマックスシリーズ」。DeNAはどうCSに臨むのか!?

【プロ野球】ついに突入! DeNA「はじめてのクライマックスシリーズ」。DeNAはどうCSに臨むのか!?

DeNAはどうCSに臨むのか!?

 いよいよ今週末に迫ったCSファーストステージ。DeNAは悲願のCS進出を達成し、勇退した番長・三浦大輔に未来を託されたメンバーの士気はますます高まっている。
 また、ラミレス監督も「目標はセリーグ優勝だった。CS進出はあくまでプランB」と目線を高く据えている。

 初陣に気持ちもはやるDeNAの「はじめてのCS」。現在のコンディションを確認したうえで再検証したい。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■機先を制するのはどっちだ!?

 CSファーストステージは3試合で、先に2勝を挙げたチームがファイナルステージに進むことができる。1敗が致命傷となる超短期決戦だ。

 先発投手陣が投壊となれば重大なダメージを受けることになる。

■ペナントを支えたエースが離脱!?

 DeNAの先発陣は万全だろうか。残念なニュースがひとつ飛び込んできた。エース・山口俊がCSファーストステージの登板を回避。右肩の違和感から戦線離脱をしていたが、回復が遅れ、現状はCSファイナルステージに照準を合わせた調整が行われているようだ。

 またシーズン中に大車輪の活躍を見せた中継ぎ・須田幸太も9月24日の巨人戦で左太もも裏に肉離れを発症。戦線を離脱した。

■若手先発陣で勝負を賭ける

 エースを欠いたDeNAの先発陣だが、CSではシーズンを支えた若手投手陣によって臨むことになりそうだ。3試合の先発には、2年目の石田健大、4年目の井納翔一、ルーキーの今永昇太が有力視されている。

 石田は巨人戦で2勝0敗。井納は2勝1敗。今永は0勝2敗。今永はデビュー戦を巨人で黒星スタートしたことから印象を悪くしている面もあるが、ここで一気に借りを返したいところ。カギを握る存在となりそうだ。

■「鬼門」東京ドームを克服

 東京ドームにおけるDeNAの巨人戦の対戦成績は3勝6敗1引分。苦手としていたが、直近では2連勝と印象をよくしている。

 とくに打撃陣は東京ドーム対決・最終カードで大爆発。筒香嘉智はそれまで、東京ドームで打った今季のホームランは1本だったが、その2連戦で2本のホームランを叩き出し、苦手意識を払拭した。

■マシンガン打線は初戦に火を噴くか!?

 大事なCS初戦、巨人の先発は菅野智之が予想される。今季の防御率タイトルを獲得した菅野だが、DeNA打撃陣に苦手意識はない。菅野の対DeNAの防御率は4.56。セリーグ6球団中で最も打ちこまれている。

 田口麗斗、内海哲也ら巨人の先発左投手陣を、左打者の筒香、梶谷隆幸らが得意としているところも好材料だ。対田口の打率は筒香が.333、梶谷.375。対内海の打率は筒香.385、梶谷.333と、いずれも高打率を残している。

 巨人は不調を脱せぬまま「ため息でのペナントレース終戦」を迎えた。一方、DeNAはますます士気が高まるなかでのCS。CSに対しては挑戦者のDeNAが、歴戦の猛者、巨人にどこまで食らいつくことができるのか?

文=元井靖行(もとい・やすゆき)

【関連記事】

関連記事(外部サイト)