【プロ野球】8月は27試合+2移動日。6連戦以上が9回。楽天・優勝への最大の壁は後半戦の「ブラック日程」だ!

【プロ野球】8月は27試合+2移動日。6連戦以上が9回。楽天・優勝への最大の壁は後半戦の「ブラック日程」だ!

楽天・優勝への最大の壁は後半戦の「ブラック日程」だ!

■逃げるイーグルス、猛追するホークス

 去る日曜日、交流戦の最終ゲームとなった阪神との接戦を、今シーズン初の「1対0」でモノにした楽天。開幕から60試合、1度も首位の座を明け渡すことなく、4年ぶりの栄冠へまた一歩前進するかたちで、交流戦を3年連続勝率5割超えで締めくくった。

 とはいえ、2位のソフトバンクも存在感を増している。4月25日以降に限れば、楽天の勝率.628を上まわる勝率.681の快進撃だ。武田翔太や内川聖一ら多くの主力級の選手が戦列を離れながらも、3年連続で交流戦最高勝率。栄冠を手中に収めた。

 交流戦開始時に3ゲーム差だった楽天とソフトバンクのゲーム差は、1.5ゲーム差に縮まっている。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■「夏」こそ楽天にとっての真の正念場だ

 優勝争いのカギを握ると見られているのが、球宴までに5試合予定されている楽天とソフトバンクの直接対決だ(6月30日〜7月2日・Koboパーク宮城、7月11日、12日・ヤフオク!ドーム)。

 しかし、楽天にとっての「真の正念場」は、オールスターゲーム明けの後半戦になる。

 開幕から交流戦までのリーグ戦では、楽天は「ゆとり日程」だった。ソフトバンクが6連戦を7回戦う日程のなか、楽天は2回のみだった。先発を6枚揃える必要がなく、いいコンディションを維持しながらゲームに集中できる環境にあった。

 対照的に、後半戦で楽天を待ち構えるのは「ブラック日程」だ。6連戦以上の日程は、ライバルのソフトバンクがわずか3回に対し、楽天はパ・リーグ最多の9回。オールスター明けは、いきなり7週連続の6連戦で始まる。

■厳しい暑さが予想される8月、楽天の屋内球場試合は3試合のみ

 8月の日程も、楽天にとって大変厳しい。31日間で27試合を消化する過密スケジュールだ。試合のない4日間も、そのうち2日は敵地へ転戦する移動日になっている。さらに、この27試合中、空調が完備された屋内球場は3試合だけ。対するソフトバンクは26試合中15試合が屋内球場となっている。

 5月24日に気象庁が発表した3カ月予報によると、今年の夏は平年以上に暑くなる見通しだ。特に8月は太平洋高気圧が本州付近に強く張り出すため、厳しい暑さが続くという。

 屋外球場のKoboパーク宮城をホームとし、外的環境に晒される屋外試合が多い楽天にとって、今夏は「夏を制する者がペナントを制す」を、文字通り試される季節になる。

■「夏」こそ試される梨田監督の経験と選手運用

 ソフトバンクと比べると、楽天の選手層は決して厚いわけではない。夏場の選手のコンディション管理に失敗し、主力級が1人、2人と長期離脱することになると、大幅な戦力ダウンは避けられない。

 なかでも注意したいのはセンターラインだ。正捕手の嶋基宏は32歳。二塁を守る藤田一也も7月で35歳を迎える。遊撃・茂木栄五郎は成長著しいとはいえ、まだプロ2年目。中堅の島内宏明はこれまで1度も規定打席到達したシーズンがなく、今後は未知の領域だ。

 夏場に首脳陣がどのような選手起用をみせるのか。勝負の夏こそ、経験豊富な梨田昌孝監督の手腕が試される。

柴川友次NHK大河ドラマ「真田丸」で盛り上がった信州上田に在住。「ID野球」を掲げたノムさんに感化され、あの夏の熱投からプロ入りした田中将大選手の成長に心を奪われ、山崎武司選手の超弾道に目を丸くし、鉄平選手の快音に喝采を送り、憲史選手の滴り落ちる大粒の汗に一生懸命さの美しさを感じ、楽天が好きになりました。Twitterアカウントは@eagleshibakawa【関連記事】

関連記事(外部サイト)