【甲子園・真紅の優勝旗事件簿】折れた?消えた? 初代優勝機を巡る悲喜こもごも

【甲子園・真紅の優勝旗事件簿】折れた?消えた? 初代優勝機を巡る悲喜こもごも

初代優勝機を巡る悲喜こもごも

 深紅の優勝旗を目指し、熱戦続く夏の甲子園。今年1月、この「優勝旗」にまつわるある発表があったのを覚えているだろうか。

 それは、来年、第100回大会にあわせて優勝旗を新調する、というもの。現在の優勝旗は「2代目」にあたるのだが、この2代目の優勝旗を手にすることができるのは今夏の王者が最後になる、というわけだ。

 初代の優勝旗は1915年の第1回大会から1957年の第39回大会まで使用。2代目は1958年の第40回大会から今年の第99回大会まで。60年に渡ってその大役を務めてきたことになる。

 今回の報道の中には、《優勝校を転々とするうちに傷んだため第40回記念大会を機に今の2代目へ》と記したものもあったが、傷んだのには他にも要因がある。初代優勝旗を巡る波乱のドラマを振り返ってみよう。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■優勝旗を折ってしまった「甲子園の申し子」

 球児の誰もが憧れる深紅の優勝旗。そんな大事なものをかつて折ってしまった球児がいた。その人物の名は、藤村富美男。後に「初代ミスタータイガース」と呼ばれた男の学生時代のエピソードだ。

 16歳のときから甲子園のマウンドに立ち、「甲子園の申し子」と呼ばれるほどの人気を獲得していた藤村。最終学年となった1934年、広島・呉港中(現呉港高)をついに優勝に導き、深紅の優勝旗を手にした。

 地元広島に凱旋すると、駅前には呉港中ナインを一目見ようという黒山の人だかり。特に、エースの藤村のまわりの混乱ぶりは凄まじかった。そんな状況にもかかわらず、藤村は優勝旗を皆に見せようとした結果、旗の柄の部分が人垣にぶつかってポキリと折れてしまったのだ。

 その場はどうにかやり過ごしたものの、翌夏には優勝旗を返還しなければならない。慌てて旗屋に折れた優勝旗を持ち込み、柄の部分を取り替えた、というエピソードが残っている。

■犯人は謎のまま。優勝旗失踪事件

 柄が折れただけであれば治すこともできるが、旗そのものがなくなってしまって大問題になったこともあった。それが1954年の「優勝旗失踪事件」だ。

 事件は1954年夏の甲子園優勝校、中京商(現中京大中京高)で起きた。その年の11月末、中京商の校長室に飾ってあった優勝旗がこつぜんと消えてしまったのだ。もちろん、学校中が大騒ぎ。教師だけでなく全生徒を動員して校内の隅々まで捜索。それでも旗は出てこなかったため、今度は警察に依頼して40〜50人の警察官が動員される大規模な捜索態勢が敷かれた。

 もちろん、この失踪事件は大きく報じられ、学校側は主催者である朝日新聞社に謝罪。だが、当時の朝日新聞上層部は「出てくるまで絶対に探してください」と冷たい返事しかしなかったという。

 その後も手がかりはなく、なかには「我々の力で優勝旗を探し出しましょう」と豪語する宗教団体が登場したがもちろん見つかるはずもなく、年も明け、いよいよ迷宮入りか……という空気になりはじめた1955年2月、意外なところから優勝旗は発見された。中京商から約600メートル離れた名古屋市立川名中学校の床下に、風呂敷に包まれた優勝旗が置かれていたのだ。

 見つけたのはその中学に出入りしていた大工さん。廊下を修理している最中に発見。捜索を始めてから85日後のことだった。ただ、旗は見つかったものの、犯人は結局わからずじまい。そしてこの事件以来、優勝旗を銀行の金庫に預ける学校が増え、管理には神経を使うようになった。

 現在、この初代優勝旗は甲子園球場内にある甲子園歴史館で展示中。2代目も同館に寄託される予定だという。その前に、最後にこの2代目を手にするのはどの学校になるのだろうか。

文=オグマナオト

【関連記事】

関連記事(外部サイト)