【プロ野球】ヤクルト・小川淳司新監督就任! 素晴らしい眼力を発揮した第一次政権での功績をおさらい

【プロ野球】ヤクルト・小川淳司新監督就任! 素晴らしい眼力を発揮した第一次政権での功績をおさらい

ヤクルト・小川淳司新監督就任!

 今季、最下位に沈んだヤクルト。来季からはSDを務めていた小川淳司氏が監督に復帰することが決まっている。

 小川監督は2014年以来の監督復帰。2010年から2014年にかけての第一次小川政権ではどんな結果を残したのか。その功績をあらためておさらいしたい。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■第一次小川政権の成績

 第一次小川政権でのチーム成績は以下の通りだ。

■2010年
4位:59勝36敗3分(5月より監督代行)

■2011年
2位:70勝59敗15分

■2012年
3位:68勝65敗11分

■2013年
6位:57勝83敗4分

■2014年
6位: 60勝81敗3分

■チームを「即建て直した」手腕

 2010年5月に高田繁監督の休養に伴い、ヘッドコーチから監督代行に就任。就任当時は13勝32敗1分で借金19を抱え最下位に低迷していたが、シーズンが終われば4位。小川監督就任後は59勝36敗3分であわやCS進出の快進撃「メークミルミル」を作り上げた。

 特に選手の起用では素晴らしい眼力を発揮した。1番・青木宣親、2番・田中浩康をほぼ固定すると、畠山和洋をレフトで起用し、川端慎吾をショートで積極起用するなど、その後のヤクルトを支える選手を次々と発掘。翌2011年のCSでは高卒ルーキーの山田哲人を1番スタメンに抜擢した。

 1999年から2007年まで長きに渡り2軍監督を務めたこともあり、若手を見る目は抜きん出ている。

 2013年、2014年は投手陣が崩れて最下位に沈んだが、山田、川端、雄平、畠山が主力に成長し、大きな財産を残した。2015年のリーグ優勝の基盤を整えたともいえる。

■課題は投手陣だが焦らない?

 小川監督の采配の特徴は「焦らない」ということだ。チーム好調時でもケガ人や投壊の問題には悩まされたが、先発ローテを巻いて勝ちを拾いにいく戦術はとらなかった。

 野手の起用は先述の通り、幾多の大当たりを生み出している。バレンティンが一際輝いたのも第一次小川政権のときだった。

 今季は畠山や川端が長期離脱し、来季はその復活を願いたいところだが、小川監督は「教え子」にはこだわらないだろう。彼らの台頭の裏には世代交代があり、福地寿樹、宮出隆自、宮本慎也、藤本敦士らが余力を残して引退している。

 適材適所を見つけながら、ひとつずつチームを育てていく。第一次政権時に「打のヤクルト」を作り上げた小川監督。次なるチームはどんなカラーになるのだろうか。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

【関連記事】

関連記事(外部サイト)