日ハム・吉田輝が対外試合初登板 1回1安打無失点

日本ハム吉田輝星が対外試合初登板 楽天・橋本のバットへし折り併殺打

記事まとめ

  • 北海道日本ハムファイターズのルーキー・吉田輝星投手が対外試合に初登板した
  • 吉田は昨夏金足農高のエースとして甲子園準優勝に貢献、ドラフト1位で入団
  • 楽天ゴールデンイーグルス橋本到のバットをへし折り併殺打に、1回1安打無失点に抑えた

日ハム・吉田輝が対外試合初登板 1回1安打無失点

日ハム・吉田輝が対外試合初登板 1回1安打無失点

7回、楽天・岩見雅紀から空振りの三振を奪う日本ハム・吉田輝星=12日、鎌ケ谷スタジアム(撮影・蔵賢斗)

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手(18)=秋田・金足農高=が12日、春季教育リーグの楽天戦(鎌ケ谷)で対外試合に初登板し、1回を1安打無失点に抑えた。

 昨夏の全国高校野球選手権大会で金足農高のエースとして準優勝に貢献した吉田輝は、七回から4番手で登板。先頭のヒメネスを2球で追い込みながら四球で歩かせたが、続く岩見はこの日最速タイとなる146キロの直球で空振り三振に仕留めた。

 その後、左打者の山下に中前打を許し、1死一、二塁と得点圏に走者を置いた場面では、巨人時代に1軍で393試合に出場経験がある橋本のバットをへし折って併殺打に。直球主体の投球で1回20球を投げ、まずまずの対外試合デビューを飾った。

関連記事(外部サイト)