菊地選手がドラフト金の卵発掘 横浜商大・飯田琉斗 最速154キロの巨漢右腕

菊地選手がドラフト金の卵発掘 横浜商大・飯田琉斗 最速154キロの巨漢右腕

プロ注目の横浜商大の飯田(撮影・篠原 岳夫)

 運命のドラフト会議まであと6日。今年は例年よりも早い11日に開催されるだけに、スカウトの動きが慌ただしくなってきた。そんな中、金の卵を発掘するために全国を駆け巡るフリーライターの菊地選手(39)がお薦めする選手を紹介する。コンセプトは「化けたらとんでもない選手になる」――。

 【横浜商大・飯田琉斗投手(22)】スピードボールを投げる巨漢右腕です。プロに行くような投手は投球練習の球を見ただけで凄さが伝わると思うんですけど、彼を最初に見たときには「ものが違う」と思ったことを覚えています。でも、不思議と神奈川大学リーグでなかなか結果が出ない。“なぜこのボールを持っていて結果が伴わないんだ”と、もどかしい思いをしている人は多いと思います。指導者とかスカウトとか。

 最速は154キロ。持っている馬力は間違いない。本当なら今の時期はドラフト1位候補に挙げられていてもおかしくないポテンシャルだと思います。一皮むけたら、どこまでの投手になるんだろう。そんな期待を持たせてくれる投手で、一気にブレークする可能性があります。

 ◇飯田 琉斗(いいだ・りゅうと)1999年(平11)6月24日生まれ、神奈川県出身の22歳。小2から野球を始める。六角橋中では横浜都筑ボーイズでプレー。向上では1年夏からベンチ入り。横浜商大では1年春にリーグ戦デビュー。1メートル87、93キロ。右投げ右打ち。

 ◇菊地選手(きくちせんしゅ)1982年(昭57)生まれ。本名・菊地高弘。雑誌「野球小僧」「野球太郎」の編集部員を経て15年4月からフリーライターに。ドラフト候補の取材をメインに活動し、ツイッター上で「大谷翔平」とツイートした最初の人物(2010年10月8日)。野球部員の生態を分析する「野球部研究家」としても活動しつつ、さまざまな媒体で選手視点からの記事を寄稿。著書に、あるある本の元祖「野球部あるある」(集英社)などがある。ツイッターアカウント:@kikuchiplayer

関連記事(外部サイト)