DeNAのシーズン負け越しが決定 三浦監督「1つでも勝てるように」

DeNAのシーズン負け越しが決定 三浦監督「1つでも勝てるように」

<D・神23>3回、大山(右)にソロ本塁打を浴びた坂本(撮影・島崎忠彦)

 ◇セ・リーグ DeNA2―5阪神(2021年10月5日 横浜)

 15試合を残して2年連続のシーズン負け越しが決定した。阪神戦で今季4戦3勝と相性のいい坂本が先発したが初回に佐藤輝に右前適時打を許すなど4安打と四球が絡んで4失点。3回5失点で6敗目を喫した坂本は「早い回の降板で中継ぎ陣に申し訳ない」とうつむいた。

 打線も頼みのオースティンが左ふくらはぎの張りを訴えて途中交代するなど、2点を返すのが精一杯。オースティンは病院には行かず、6日の試合は当日の様子を見てから決める。

 シーズンと同様に阪神戦の8年連続シーズン負け越しも決まり、三浦監督は「明日も試合はある。1つでも勝てるようにやっていくだけ」と厳しい表情を浮かべた。

関連記事(外部サイト)