ロッテ井口監督「マーティンの勝ちたい気持ちが1打席目に出た」

ロッテ井口監督「マーティンの勝ちたい気持ちが1打席目に出た」

1回、先制タイムリーのマーティンはナインに祝福される(撮影・長久保 豊)

 ◇パ・リーグ ロッテ2─0西武(2021年10月5日 ZOZOマリン)

 ロッテは、西武を2―0で下し、本拠地では9月12日以来の白星を飾った。試合後の井口監督は右足甲骨折から復帰したマーティンの打撃などを称賛した。

 以下は一問一答。

 ――ZOZOマリンでは久々の勝利。

 「先発の石川もまだまだ本調子ではないけど、しっかり丁寧に投げていた。打線が早く得点したけど、もう少し取りたかった」

 ――マーティンが復帰初打席で適時二塁打。

 「昨日も浦和で視察してきた。しっかりとバット振れていたし、マーティンの勝ちたいという気持ちが1打席目にしっかりと出た」

 ――先発の石川は6回無失点で4勝目。

 「しっかりと低めに放ることのできる投手。残り何試合か分かりませんが、いい投球をしてくれると思います」

 ――リリーフ陣も好投した。

 「(佐々木)千隼が投げなかったが、みんな頑張ってくれている。全員で勝ち取れたと思います」

 ――明日は河村が先発する。

 「しっかり打線が援護してほしいと思います」

 ――中村奨が8回に走塁ミスしたが?

 「そういうこともある。そこをたたく必要はない」

 ――田村が久々のスタメンで攻守で活躍した。

 「なかなか出れないことが多かったけど、そういう意味では打つ方でも守りでもしっかりやってくれている。当然、スタートで出てもらわなくちゃ困る選手です」 

関連記事(外部サイト)