広島・誠也、床田 同学年コンビが9月度月間MVP受賞

広島・誠也、床田 同学年コンビが9月度月間MVP受賞

9月の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した、広島の鈴木誠也外野手(左)と床田寛樹投手

 9月の「大樹生命月間MVP賞」が発表され、セ・リーグの投手部門で広島の床田寛樹投手(26)が5年目でうれしい初受賞、野手部門でも広島・鈴木誠也外野手(27)が7・8月に続いて2ヶ月連連続で受賞した。広島勢のダブル受賞は2006年7月の黒田博樹、栗原健太以来15年ぶり。

 床田は9月21日の巨人戦でプロ初の完封勝利を飾るなど、4試合29イニングを投げてリーグ2位タイの3勝(1敗)、防御率0・93をマーク。完封勝利と、月間4勝の中日・松葉よりも1試合平均で長い投球回を投げた内容が決め手となった。

 鈴木誠はチームの全25試合に出場し、いずれもリーグトップの打率・381、6試合連続を含む13本塁打、リーグ2位の22打点をマーク。長打率・917、出塁率・500も秀逸で、4番打者としての存在感を十分に発揮した。

 床田は2軍での再調整を経て8月29日に昇格。以降は安定した投球を続けており「獲れると思っていなかったので、正直ビックリ。2軍では真っすぐをしっかり投げることを意識し、1ヶ月間ですけど、継続できたので、結果も良かったのかなと思います」と笑顔で話した。

 鈴木誠は、同学年の床田との同時受賞に「同級生でもあるし、同じ時期にケガをして2軍で一緒にトレーニングをやってきた。カープから2人選んでもらってうれしい。9月はしっかり結果を残せたので自信になりました」と語った。

関連記事(外部サイト)