ロッテ3連勝!河村が6回2失点で無傷4連勝 初回から荻野先頭弾&マーティン復活弾で援護

ロッテ3連勝!河村が6回2失点で無傷4連勝 初回から荻野先頭弾&マーティン復活弾で援護

ロッテ先発の河村(撮影・長久保 豊)

 ◇パ・リーグ ロッテ4ー2西武(2021年10月6日 ZOZO)

 ロッテは先発の河村が6回2失点の好投で無傷の4連勝。打線は初回から荻野の先頭打者本塁打とマーティンの26号ソロで2点を先制して快勝し、チームは3連勝となった。

 7月7日のソフトバンク戦(ZOZO)で初先発してから3戦3連勝中でこの日の先発を迎えた河村。初回から出塁を許したものの無失点に抑えた。2―0の2回に1死二、三塁から柘植の中犠飛で1点を失ったが、その後は3回〜5回まで無失点投球。4―1の6回2死走者なしで中村に一発を浴びて2点目を失うも、6回78球を投げて4安打2失点で無傷の4勝目をマーク。河村が降板後は、国吉、佐々木千と継投し、9回は守護神の益田が試合を締めて今季36セーブ目をマークした。

 打線は初回に荻野の今季9号ソロとなる先頭打者本塁打で先制に成功。さらに2死走者なしで右足甲骨折から復帰2戦目だったマーティンの26号ソロで初回から2点をリードした。5回にも2点を追加した。

 西武は先発の本田が5回4失点で今季3敗目。打線も1―4の6回に中村の1発で2点差に迫るがその後は得点を奪えず4連敗となった。

関連記事(外部サイト)