阪神・矢野監督が終盤にみせた執念采配 佐藤輝に代打・島田で走者進めるも得点にはつながらず

阪神・矢野監督が終盤にみせた執念采配 佐藤輝に代打・島田で走者進めるも得点にはつながらず

<D・神24>代打を告げる矢野監督(撮影・島崎忠彦)

 ◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2021年10月6日 横浜)

 阪神・矢野監督が終盤にみせた執念の采配は得点につながらなかった。

 2点リードの8回に先頭のロハス・ジュニアが一塁線を破る二塁打で出塁。代走に熊谷を送り、続く佐藤輝にバント要員として代打・島田を送った。佐藤輝の代打交代は今季3度目。

 島田がしっかり犠打を決めて1死三塁。だが続く梅野が初球にスクイズを試みるもフライとなってアウトに。アルカンタラへの代打・糸井も捕邪飛にたおれてとどめを刺す追加点を挙げることはできなかった。

関連記事(外部サイト)