ロッテ・荻野 今季5本目の先頭打者本塁打!ベンチ前ではワクワクポーズ「凄くワクワクしていた」

ロッテ・荻野 今季5本目の先頭打者本塁打!ベンチ前ではワクワクポーズ「凄くワクワクしていた」

初回先頭打者本塁打の荻野貴は笑顔で生還してベンチ前でワクワクポーズを見せた(撮影・長久保 豊)

 ◇パ・リーグ ロッテ4ー2西武(2021年10月6日 ZOZO)

 ロッテは先発の河村が6回2失点の好投で無傷の4連勝。打線は初回から荻野の先頭打者本塁打とマーティンの26号ソロで2点を先制して快勝し、チームは3連勝となった。

 荻野は初回先頭打者本塁打について「初回のピンチを河村が防いでくれたので良い流れで打席に入ることができました」と話し、「凄くワクワクしていたので思わず(ワクワクポーズを)やってしまいました」とベンチ前で見せたワクワクポーズについて笑顔で説明。ファンも一緒にやってほしいとお願いした。

 今季5本目の先頭打者本塁打となったが「ホームランは狙ってないですけど、自分のスイングをしっかりして塁に出ることを考えてやってます」と謙虚に答え、ここまでのシーズンについても「しんどいときもありますけど体にムチを打って優勝を目指して頑張ってます」と振り返った。最後に「1戦1戦しっかり戦うだけなので優勝を目指して一緒に頑張りましょう」とファンへメッセージを送った。

関連記事(外部サイト)