オリックス 連勝ついに「8」でストップ 天敵・上沢攻略できず

オリックス 連勝ついに「8」でストップ 天敵・上沢攻略できず

<オ・日21>打線の繋がらず険しい表情を見せる中嶋監督(撮影・後藤 正志)

 ◇パ・リーグ オリックス2−3日本ハム(2021年10月6日 京セラD)

 オリックスは打線が相手先発・上沢を攻略できず、連勝が8で止まった。

 初回1死二塁から紅林の適時二塁打で先制したものの、以降は7回まで無得点。1―3の8回に2番手のB・ロドリゲスから宗が左前適時打を放ち、1点差に詰め寄ったが、反撃はこの1点にとどまった。上沢には17年4月7日を最後に土を付けることができておらず、苦手右腕に8連勝を許してしまった。

 先発・山崎颯も4回に3四球とリズムを乱し、3回2/3を1失点で降板。1―1の7回に4番手・海田がつかまって2点を勝ち越され、逃げ切られてしまった。

関連記事(外部サイト)