ア・リーグの地区シリーズがスタート アストロズが地元ヒューストンで白星発進

ア・リーグの地区シリーズがスタート アストロズが地元ヒューストンで白星発進

好投したアストロズの先発マカラーズJR(AP)

 ◇ア・リーグ地区シリーズ アストロズ6―1ホワイトソックス(2021年10月7日 ヒューストン)

 ア・リーグの地区シリーズ(5試合制)がテキサス州ヒューストンでスタート。5季連続のポスト・シーズンで2季ぶりのワールドシリーズ進出を狙う地元のアストロズ(西地区1位=95勝67敗)が、先発したランス・マカラーズJR(28)の好投などでホワイトソックス(中地区1位=93勝69敗)を6―1で下して初戦を白星で飾った。

 今季チーム最多の13勝を挙げたマカラーズJRは6回2/3で4安打、無失点と好投。2019年に新人王に輝き、今季33本塁打を記録していたDHのヨルダン・アルバレス(24)は、3回に左中間にタイムリー二塁打、5回には右中間へソロ本塁打を放ってホワイトソックスの先発で球宴にも出場したランス・リン(34)を打ち崩した。

 13季ぶりに地区優勝を飾り、2季連続でプレーオフに進出してきたホワイトソックスは、昨季のア・リーグMVP、ホセ・アブレイユ(34)が8回にタイムリーを放って1点を返したが反撃もここまで。チームの防御率はア・リーグ2位の3・73だったがこの日は6点を献上し、10季ぶりに指揮官に復帰したトニー・ラルーサ監督(77)は初戦でチームの持ち味を引き出せなかった。

関連記事(外部サイト)