阪神・村上 ファーム日本選手権先発へ「平田2軍監督を笑顔にできるように投げきりたい」

阪神・村上 ファーム日本選手権先発へ「平田2軍監督を笑顔にできるように投げきりたい」

<ファーム選手権 阪神練習>キャッチボールする村上 (撮影・奥 調)

 阪神の村上頌樹投手(23)が、9日に行われるファーム日本選手権に予告先発され、「一番楽しみにしているのは(平田2軍)監督だと思うので、その監督を笑顔にできるように投げきりたい」と意気込みを口にした。

 今季はウエスタン・リーグで主に先発として17試合登板し、最多勝(10勝)、最優秀防御率(2・23)、勝率(・909)と投手3冠を達成。前回登板2日のオリックス2軍との練習試合でも4回4安打1失点(自責0)、6奪三振と好投した。

 「まだ変化球のコントロール、きっちり投げきることが甘いと思うので、そこを(この1週間)練習してきました」

 この日はサンマリンスタジアム宮崎での全体練習に参加し、キャッチボールなどで最終調整。3年ぶり6度目の日本一へ、持てる力の全てを出し切る。

関連記事(外部サイト)