巨人・元木ヘッド「もうちょい。『次の1点』という意識を高く持たないと」

巨人・元木ヘッド「もうちょい。『次の1点』という意識を高く持たないと」

試合前、整列する(左から)原監督、元木ヘッドコーチ、阿部作戦コーチら(撮影・坂田 高浩)

 ◇セ・リーグ 巨人2―6広島(2021年10月8日 マツダ)

  巨人は、初回に松原聖弥外野手(26)が、球団歴代4位タイの23試合連続安打となる先頭打者アーチなどで2回までに2点を先制するも、逆転負け。元木大介ヘッドコーチは「1回、2回といい形で点が取れたんだけどね。もうちょい。選手も一生懸命頑張ってるから」と話した。

 この日は最終的に2得点に終わり、波に乗りきれない打線に元木コーチは「今は、『次の1点』という意識を高く持っていかないと」と奮起に期待した。

関連記事(外部サイト)