敗戦の阪神で光ったのは馬場だ!2番手で2回をパーフェクト「相手に流れを渡さないに」

敗戦の阪神で光ったのは馬場だ!2番手で2回をパーフェクト「相手に流れを渡さないに」

<ヤ・神>2番手で登板した馬場(撮影・大森 寛明)

 ◇セ・リーグ 阪神1−4ヤクルト(2021年10月8日 神宮)

 6回から2番手で登板した阪神・馬場は、2回をパーフェクト投球と好救援し、敗戦の中、存在感を示した。

 「とにかく相手に流れを渡さないということを心がけて一人一人集中して投げました」

 頼みの先発・高橋が5回4失点で降板。劣勢を立て直すべく、後を受けてマウンドに上がった。6回は先頭の難敵・村上を2球で二飛に打ち取るなど、オスナ、中村と続く3人を料理。7回はサンタナを135キロスプリットで空振り三振、代打の川端を内角低めへの144キロ直球で見逃し三振と2三振を奪う圧巻の投球を披露し、打線の反撃へ望みをつないだ。

 終始劣勢の試合展開で見せた、価値ある投球。シーズン終盤、そしてその先も見据え、ブルペンに欠かせない存在となるべく、結果を積み重ねるのみだ。

関連記事(外部サイト)