阪神・平田2軍監督「半分諦めてました」 最終回に2点差逆転の選手称える ファーム日本選手権

阪神・平田2軍監督「半分諦めてました」 最終回に2点差逆転の選手称える ファーム日本選手権

<ファーム日本選手権 ロ・神>ファーム日本一となりナインとタッチを交わす平田2軍監督(中央) (撮影・奥 調)

 ◇ファーム日本選手権 阪神3−2ロッテ(2021年10月9日 サンマリンスタジアム宮崎)

 3年ぶり6度目のファーム日本一に阪神の平田2軍監督は「率直な気持ちはね、半分諦めてました。ロッテは強かったね。半分もうちょっとかな、諦めてたけど選手たちが最後まで諦めずにやった。コーチの皆さんの日々の鍛錬のおかげですよ」と目を細めた。

 自らが10年に指揮して同じ舞台で敗れたロッテ相手に雪辱を果たした指揮官は最後に「まだ1軍はしびれる優勝争いに臨んでいる。今日の経験を活かして必ずまた1軍で、クライマックスシリーズ、日本シリーズと今日出た選手たちが活躍するのを楽しみにしていて下さい」と締め、宮崎に駆けつけた虎党から盛大な拍手を受けた。

 

関連記事(外部サイト)