中日、9回に逆転!連敗ストップ! 京田がV打、今季初の単独最下位を回避

中日、9回に逆転!連敗ストップ! 京田がV打、今季初の単独最下位を回避

<D・中22>勝利しグラブタッチする京田(右から2人目)ら中日ナイン(撮影・島崎忠彦)

 ◇セ・リーグ 中日4−2DeNA(2021年10月9日 横浜)

 中日が逆転で連敗を3で止め、今季初の単独最下位を免れた。1点劣勢の9回にDeNA・伊勢を攻め、福田、高橋周、代打・渡辺の3連続右前打で同点。1死満塁となってから京田が砂田の変化球をとらえ、強い当たりのゴロで一塁・牧のミットをはじく2点適時打を放ち決勝点を奪った。

 京田はお立ち台で「何とか投手も頑張っていたので、野手でという思いがありました。苦しい戦いが続いていますが、選手は一生懸命やっていますので、明日からも勝てるように頑張りたい」と巻き返しを誓った。

 敗れれば、3位・巨人の結果次第でCS進出が完全消滅する可能性もあったが、土壇場で意地を見せた。

関連記事(外部サイト)