もう負けられぬ阪神、4番・大山が先制打!

もう負けられぬ阪神、4番・大山が先制打!

<ヤ・神22> 1回1死一、二塁、大山は左前に先制適時打を放つ(撮影・大森 寛明)

 ◇セ・リーグ ヤクルトー阪神(2021年10月9日 神宮)

 直接対決2戦目の先手を取ったのは2位・阪神だった。

 初回からヤクルト先発・高橋に対して近本、マルテが四球を選んで1死一、二塁。4番・大山が1ボールからチェンジアップを三遊間にはじき返し、二走の近本が本塁に生還した。2試合連続本塁打中の大山は、これで3試合連続打点となった。

関連記事(外部サイト)