阪神・岩田将「来年にこの経験を生かす」両親の前で好投、成長した姿見せた ファーム日本選手権

阪神・岩田将「来年にこの経験を生かす」両親の前で好投、成長した姿見せた ファーム日本選手権

<ファーム日本選手権 ロ・神>9回に4番手で登板の岩田将 (撮影・奥 調)

 ◇ファーム日本選手権 阪神3−2ロッテ(2021年10月9日 サンマリンスタジアム宮崎)

 福岡出身、阪神の新人左腕岩田将が、両親の前で成長した姿を見せた。9回に登板し先頭の高部を3球三振に仕留め、平沢はスライダーで捕邪飛。菅野に四球を与えて降板し“胴上げ投手”こそ逃したが最低限の役割を果たした。「来年にこの経験を生かせるように、頑張りたい」。球場で観戦した母・京子さん(52)は「(プロ入り後、球場で)見るのは初めて。投げている姿が見られてうれしかった」と愛息に目を細めた。

関連記事(外部サイト)