西武が岸がプロ初のサヨナラ打 「ホンマありがとう」バント失敗の岡田と熱い抱擁

西武が岸がプロ初のサヨナラ打 「ホンマありがとう」バント失敗の岡田と熱い抱擁

<西・楽22>9回2死二、三塁、サヨナラ右前適時打を放った岸(奥)に抱きつく岡田。バント失敗が帳消しとなりホッとした表情(撮影・尾崎 有希)

 ◇パ・リーグ 西武3─2楽天(2021年10月10日 メットライフD)

 西武の岸潤一郎外野手(24)が2─2の9回2死一、三塁で、右前にプロ初のサヨナラ打。7回2死一、二塁の勝ち越し機で三ゴロに倒れており「とても悔しかったので、最後の打席は絶対に打ってやると思って打席に入った。粘って後はとにかくヒット打とうと思いました」と喜んだ。

 この回、無死一塁の場面で代打で登場し、送りバントを失敗した岡田は岸に熱く抱擁し「ホンマにありがとう」と感謝。殊勲のヒーローは「岡田さんは悪くないですし、普段バントを決めてくださっているので、すごい尊敬しています」とかばった。

 

関連記事(外部サイト)