阪神 救援陣が踏ん張り切れない 馬場が塩見に一発献上、及川制球難で5回に追いつかれる

阪神 救援陣が踏ん張り切れない 馬場が塩見に一発献上、及川制球難で5回に追いつかれる

<ヤ・神(23)> 2番手で登板した阪神・馬場(撮影・大森 寛明)

 ◇セ・リーグ ヤクルトー阪神(2021年10月10日 神宮)

 3回で先発・ガンケルに代打を送って勝ち越した阪神は、救援陣が粘りきれずに同点を許した。

 2点リードの5回に2イニング目の馬場が、先頭の塩見にバックスクリーン直撃弾を献上。ここで左腕・及川を3番手として送った。だが青木に死球、山田に四球、村上に再び死球を与えて満塁に。たまらず矢野監督は4番手・小川にスイッチした。

 代わった小川はオスナに中堅への犠飛を浴びて同点に。なおも1死一、三塁とピンチが続いたものの、中村を空振り三振、サンタナを遊ゴロに打ち取って、何とか逆転は防いだ。

関連記事(外部サイト)