巨人 ドラフト抽選連敗ストップなるか? 今年は今村球団社長にくじ運託す

巨人 ドラフト抽選連敗ストップなるか? 今年は今村球団社長にくじ運託す

巨人の今村司球団社長

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は11日、都内のホテルで開かれる。1位指名を投手と明言していた巨人は、候補を西日本工大の左腕・隅田知一郎(ちひろ)投手(22)に絞った。隅田は最大6球団による争奪戦となる可能性があり、1位候補が重複した場合には、原辰徳監督(63)ではなく今村司球団社長(61)がくじを引く方針を決めた。

 一方で、三菱自動車倉敷オーシャンズ・広畑、関西国際大・翁田らも候補に残しており、隅田が競合する球団数次第では、別の即戦力投手にシフトチェンジする可能性もある。

 原監督は昨年、4球団が競合した近大・佐藤の抽選を最後に引いて外し、通算成績は1勝11敗。また、巨人のドラフト1位の競合時の抽選も11年の外れ1位・松本竜也で当てて以来10連敗となっている。

 それだけに5日のスカウト会議後、大塚淳弘球団副代表編成本部長(62)が「今年は社長にいってもらいます。気分転換です。雰囲気を変えて社長に」と説明した。

 19年に就任した今村社長は日本テレビで編成局プロデューサーとして「ザ!鉄腕!DASH!!」など人気番組を担当し、制作局ドラマセンター長としては「家政婦のミタ」などを制作。侍ジャパン事業の拡充を目的とする事業会社「NPBエンタープライズ」の社長も歴任した今村社長に、くじ運をかけることとなった。

 【巨人のドラフト1位競合時の成績】

66年 4球団X江夏豊→阪神 山下司

79年 3球団X木田勇→日本ハム 林泰宏

80年 4球団〇原辰徳

82年 2球団X荒木大輔→ヤクルト 斎藤雅樹

84年 3球団X竹田光訓→大洋 上田和明

86年 3球団X阿波野秀幸→近鉄 木田優夫

88年 2球団X川崎憲次郎→ヤクルト 吉田修司

91年 4球団X若田部健一→ダイエー 谷口功一

91年 4球団〇松井秀喜

95年 7球団X福留孝介→近鉄 原俊介

01年▲4球団X寺原隼人→ダイエー 真田裕貴

05年 2球団〇辻内崇伸

06年▲3球団X堂上直倫→中日 坂本勇人

07年▲5球団X佐藤由規→ヤクルト 藤村大介

  ▲6球団X大場翔太→ソフトバンク

  ▲3球団X篠田純平→広島 村田透

08年▲2球団〇大田泰示

11年 2球団X菅野智之→日本ハム

   2球団〇松本竜也

13年▲2球団X石川歩→ロッテ 小林誠司

16年 5球団X田中正義→ソフトバンク

   5球団X佐々木千隼→ロッテ 吉川尚輝

17年 7球団X清宮幸太郎→日本ハム

   3球団X村上宗隆→ヤクルト 鍬原拓也

18年▲4球団X根尾昂→中日

  ▲4球団X辰己涼介→楽天 高橋優貴

19年▲3球団X奥川恭伸→ヤクルト

  ▲2球団X宮川哲→西武 堀田賢慎

20年▲4球団X佐藤輝明→阪神 平内龍太

▲は原監督が抽選

※→の右は当てた球団、その後の選手名は外れ1位指名選手

関連記事(外部サイト)