オリックス・由伸「バッテリー、チーム一丸で頑張ります」9月度月間最優秀バッテリー賞パ部門受賞

オリックス・由伸「バッテリー、チーム一丸で頑張ります」9月度月間最優秀バッテリー賞パ部門受賞

9月度の「最優秀月間バッテリー賞」パ・リーグ部門に選ばれたオリックスの山本由伸投手と若月健矢捕手

 スポーツ動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)は11日、プロ野球9月度を対象にした「月間最優秀バッテリー賞」パ・リーグ部門にオリックスの山本由伸投手(23)と若月健矢捕手(26)が選ばれたことを発表した。

 猛牛バッテリーが、2カ月連続今季3度目の月間賞に輝いた。選考対象の9月1〜26日の期間で、4試合30回を投げて防御率0.90、34奪三振をマーク。25日の楽天戦では、8回2失点9奪三振と両リーグトップを独走する15勝目を、自己最長12連勝で飾った。エース山本は「3度目の受賞となり、とてもうれしく思います。僕1人の力ではなく、野手の方々にたくさん助けていただいたり、若月さんがリード面でさまざまな工夫をしてくださったおかげだと思っているので、支えてくださっている皆さんに感謝したいと思います。これからもまた選んで頂けるように、バッテリー、チーム一丸で頑張ります!」と喜んだ。

 若月は18日の西武戦で5回に三盗を狙った外崎を刺すなど、エース懸命にサポート。ファンに向けて「先月に引き続き、選んでいただき光栄です。もちろん、すべてにおいてレベルの高い由伸あっての結果だと思いますし、相手打線というよりも由伸本人を見ながら常に考えてリードしていました。またバッテリーとして選んでいただけるように残りのシーズンも頑張っていきたいと思います」とコメントを寄せた。

 パ部門は、オリックスバッテリーのほかにソフトバンクのニック・マルティネス投手―甲斐拓也捕手、楽天の滝中瞭太投手―炭谷銀仁朗捕手がノミネート。選考委員を務める中村紀洋さんがこの3組を選出し、DAZN公式ツイッター(@DAZN_JPN)でファン投票が行われた。結果は全5406票のうち、74.3%と圧倒的な得票数をたたき出したオリックスバッテリーが月間最優秀賞に輝いた。

 スポーツニッポン新聞社が制定する「2021プロ野球最優秀バッテリー賞 powered by DAZN」では、今シーズンも「月間賞」を継続している。セ・パそれぞれ3バッテリーの候補を選出し、DAZNの公式ツイッターでユーザー投票数で両リーグの「月間最優秀バッテリー賞」が決定する。受賞選手にはDAZN視聴券6カ月分が贈られるほか、投票参加者には抽選で特製モバイルバッテリーをプレゼントするキャンペーンも行われている。

関連記事(外部サイト)