阪神は2、3巡目で大学生左腕を連続指名 即戦力として期待 上位3人はいずれも投手

阪神は2、3巡目で大学生左腕を連続指名 即戦力として期待 上位3人はいずれも投手

阪神・矢野燿大監督

 阪神は2巡目で創価大・鈴木勇斗投手。3巡目で新潟医療福祉大・桐敷拓馬投手と、大学生左腕を連続で指名した。

 鈴木は最速152キロを誇る力投型左腕で、チームの補強ポイントである左の先発の即戦力投手としての指名。桐敷も最速150キロの本格派で、制球力も高く、鈴木とともに1年目からの活躍に期待がかかる。

 1巡目は将来性抜群の高校生右腕、高知・森木で、3人連続の投手指名となった。

関連記事(外部サイト)