西武3位指名の中大・古賀 特別な日に本塁打「勝ってドラフトに臨みたいと…」

西武3位指名の中大・古賀 特別な日に本塁打「勝ってドラフトに臨みたいと…」

<中大・亜大>初回2死、中大・古賀が先制ソロ本塁打を放つ(撮影・村上 大輔)

 西武から3位指名を受けた中大・古賀は「指名されて、すごくホッとしています。一年目から勝負して、正捕手を勝ち取れるように、これからも上を目指して頑張りたいと思います」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 午前中には東都リーグの亜大戦に「3番・捕手」で先発出場。初回の第1打席で今季1号となる右越えソロを放ち「一本が出ていなかったし、今日は打ててチームが勝てたのが何よりもうれしい。勝ってドラフト会議に臨みたいと思っていたのでうれしかった」と笑顔で振り返っていた。

 古賀は投手兼遊撃手としてプレーし、福大大濠高2年秋から捕手に転向。高校通算52本塁打の強打の捕手として注目された。中大進学後も1年春からリーグ戦に出場。4年春にはベストナインに輝いている。

関連記事(外部サイト)