中京大中京・畔柳は日本ハム5位に「指名漏れを覚悟していた」と安堵

中京大中京・畔柳は日本ハム5位に「指名漏れを覚悟していた」と安堵

日本ハムに5位で指名され、色紙に目標を書き込みガッツポーズする中京大中京・畔柳(撮影・椎名 航)

 ドラフト会議の開始から約2時間。5位で自身の名前が読み上げられると「自分の中では指名漏れを覚悟していた」と安堵の笑みを浮かべた。

 最速152キロを誇り、今春のセンバツでは4強入りに貢献。上位指名も予想されたが、「高校BIG3」として1位指名を受けた小園、森木、風間とは対照的に下位指名となった。それでも「プロに入れば横一線。世代を代表する投手だけど、負けないようにやっていく」とライバル心をチラリ。「これからプロでもっとストレートを磨いて、日本を代表する投手になりたい」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)