巨人7位 “二刀流”広島新庄・花田 迷わず投手一本熱望 「菅野投手のような球界を代表する投手に」

巨人7位 “二刀流”広島新庄・花田 迷わず投手一本熱望 「菅野投手のような球界を代表する投手に」

巨人から7位指名を受けて記念撮影をする広島新庄・花田(撮影・河合 洋介)

 巨人からドラフト7位指名を受けた広島新庄・花田侑樹投手(18)は、迷うことなく「投手一本」を熱望した。

 広島新庄ではエースで4番。身長1メートル82と恵まれた体格が生み出す長打力も大きな魅力ながら、「高校では主に投手としてやってきた。プロでも投手としてやっていけたらいいな…と思っています」と言い切った。

 高3時には背番号1を背負って春夏連続で甲子園出場。夏は初戦敗退ながら、1回戦の横浜戦で7回無失点と好投して評価を上げた。

 最速148キロの直球とカットボールが得意球。さらに、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークと多彩な変化球も操る器用さも持ち合わせている。

 「直球の切れと制球力が持ち味。先発として、菅野投手のような球界を代表する投手になりたいです」と力強かった。

関連記事(外部サイト)