ロッテ井口監督「100点満点以上」 3位・広畑指名に「1位でと思っていた」

ロッテ井口監督「100点満点以上」 3位・広畑指名に「1位でと思っていた」

ドラフト会議に臨むロッテ・井口資仁監督(代表撮影)

 ロッテ・井口監督は「100点満点以上のドラフト」と笑顔を見せた。

 ドラフト1位で、将来の正捕手候補となる松川(市和歌山)を単独指名し、2位ではポスト中村奨吾として期待される池田(国士舘)の指名にも成功した。

 池田は二塁だけでなく、三塁も守れるだけに、安田のライバルともなるが、「ベイスターズの牧のようなイメージを持っている。チーム内で競争していかないと強くならない」と1年目からの活躍を期待した。

 また、3位で指名した即戦力右腕の広畑(三菱自動車倉敷オーシャンズ)については「我々は1位でと考えていたので、3位で獲れたのは素晴らしい」と喜んだ。

 支配下で高校生投手、捕手、大学生野手、社会人投手2人の5選手、育成で4選手とバランスもよく、「球団のビジョン通り」と満足げだった。

関連記事(外部サイト)