ソフトバンク 育成ドラフト史上最多14人指名 12球団合計51人も最多更新

ソフトバンク 育成ドラフト史上最多14人指名 12球団合計51人も最多更新

育成ドラフトでソフトバンク14巡目で指名された福岡大・仲田慶介

 プロ野球のドラフト会議は11日に東京都内で開催、育成選手は51人が指名され、05年に始まった育成ドラフトで昨年の49人を超える史上最多となった。また、ソフトバンクは14人を指名し、1球団の育成指名人数では、昨年の巨人の12人を超す史上最多となった。

 育成選手ドラフトは05年から開始されたもので、正規のドラフト終了後に行われる。原則として支配下選手が65人以上いない球団は保有できない。今年は中日が育成ドラフトに参加しなかった。巨人は、昨年に続き2ケタの10人を指名している。

関連記事(外部サイト)