【ネットでドラフト総括 セ・リーグ】虎党歓喜「構成的には満足」 巨人ファン「狙い通りの指名出来た」

【ネットでドラフト総括 セ・リーグ】虎党歓喜「構成的には満足」 巨人ファン「狙い通りの指名出来た」

<プロ野球ドラフト会議2021>1巡目 法大・山下輝の交渉権を獲得したヤクルト・高津臣吾監督。左は広島・佐々岡真司監督(代表撮影)

 ◇プロ野球ドラフト会議(2021年10月11日)

 プロ野球のドラフト会議は11日に東京都内で開催され、インターネット上では12球団のファンが様々な反応を見せた。

 【ヤクルト】1位に西日本工大の隅田知一郎投手を指名も4球団競合の末、抽選で外した。外れ1位で法大の山下輝(ひかる)投手を指名し広島と2球団競合の末、抽選で交渉権を獲得した。「補強ポイント抑えててまあまあなドラフト」「手堅く行ったなぁ」「抑えるべきところを抑えた良いドラフトだと思いました」「そもそも今のヤクルトは補強しなくても1位になれるからな。ドラフトはボーナスみたいなもんだよ」。

 【阪神】1巡目入札で、市和歌山の小園健太投手を指名したが、DeNAとの抽選で外していた。外れ1位で高知の森木大智投手を指名し交渉権を獲得した。「阪神のドラフトめっちゃええやん!」「激アツ」「割と100点満点のドラフトに近いのでは?」「構成的には満足。かなりおなかいっぱいの指名」「小園外した割にいいドラフトじゃね?」。

 【巨人】1位に西日本工大の隅田知一郎投手を指名も4球団競合の末、抽選で外し、1位指名で競合した時の成績は11連敗となった。外れ1位で関西国際大・翁田大勢を指名。「いい加減巨人のドラフトのくじ運の悪さをどうにかして欲しい」「巨人がクジ外すのは伝統芸能として、即戦力投手中心に狙い通りの指名出来たのではないかな」「巨人のドラフト全体的に見れば結構良いな!」。

 【広島】1位に西日本工大の隅田知一郎投手を指名も4球団競合の末、抽選で外した。外れ1位に法大の山下輝を指名もヤクルトと競合で外し、外れ外れ1位で関西学院大の黒原拓未投手の交渉権を獲得した。「広島はすごく妥当なドラフト」「毎年のようにドラフトで当たりを引いてたけど今回はダメだったかあ」「全体的に面白いドラフトだった。編成的に外野の20代半ばのボリュームが厚くなった」。

 【DeNA】1巡目入札で、市和歌山の小園健太投手を指名。阪神との競合の末、交渉権を勝ち取った。「DeNAは毎年ドラフト巧者」「安定のドラフトしたな!」「将来的なエースに即戦力ピッチャー、さらには有望株と近年ではいいドラフトしたんじゃないかな」「神レベルで良いドラフト」。

 【中日】1位で上武大のアドゥ・ブライト健太外野手を単独指名。「ドラフト中日だけなんか異質すぎて草」「中日ドラフト、すごい賭けに出たね」「なんだかんだ偏った指名だったけどいいドラフトだったと思います」。

関連記事(外部サイト)