広島1位の黒原 大学時代に2発打たれた阪神・佐藤輝にリベンジ誓う「思い切り勝負したい」

広島1位の黒原 大学時代に2発打たれた阪神・佐藤輝にリベンジ誓う「思い切り勝負したい」

広島の1位指名を受け、新人王を目標に掲げた関学大・黒原拓未(撮影・北條 貴史)

 ◇プロ野球ドラフト会議(2021年10月11日)

 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は11日、都内で開催され、広島は関学大の黒原拓未投手(22)を1位指名した。最速151キロの直球やカットボール、チェンジアップなどの多彩な変化球を武器とする左腕。大学時代に2本のアーチを浴びた阪神・佐藤輝への雪辱を期すとともに、球界を代表するサウスポーとなることを誓った。

 12人目、今ドラフト最後のドラ1だった。名前が読まれた瞬間、緊張の面持ちを続けていた黒原の表情は変わらなかった。だが、内心は驚きと喜びでいっぱいだった。

 「何位とか予想もしてませんでしたし、全然分からない状態だった。ちょっとびっくりしました。左投手でいい選手がたくさんいた中で、指名していただいて本当にうれしい」

 最速151キロの直球に、大学4年間で磨きをかけたスライダーやカットボール、チェンジアップが武器。佐々岡監督も「完成度が高いし、1位候補だと評価していた。先発ローテーションにも割って入れると期待している」と高評価する。そんな期待の左腕には、プロで雪辱を目指す相手がいる。

 「阪神タイガースの佐藤(輝)さんは大学から何度も対戦していますし、打たれた記憶しかないんで。いつか同じ舞台で対戦できたらと思っています」

 近大の主砲だった佐藤輝とは、関西学生リーグで対戦を積み重ねてきた。1年秋はカーブ系を、3年秋にはストレートを本塁打されたという。「大学時代に対戦して1年目から活躍されるんじゃないかと思っていた。同じリーグでやっていたので、応援するとかではないですけど、打ってほしいなという思いはありました」。プロ1年目で既に23本塁打の活躍に刺激を受けつつも、次は自らがやり返す番だ。

 「(対戦の)イメージするのは難しいですけど。とにかく自分の強みだと思うボールを思い切り投げて勝負したい。まだまだ制球やフォームのばらつきがある。自分の弱点を一つ一つつぶして活躍していけるように」

 関学大の本荘雅章監督からは、被弾した2球種に磨きをかけることを厳命された。「ぜひ空振りを取れるようになってほしい」。恩師のエールを胸に刻みつつ、自らのレベルアップを約束した。

 「今までドラフト1位指名された方がすごく活躍されている。自分もその波に乗っていけるように」

 いずれは大瀬良、栗林らのように投手陣の柱になる必要がある。「(将来は)球界を代表するような左腕と言われるように」。力強い言葉で、新たなスタートラインに立った。(阪井 日向)

 《父は驚き「テレビが間違っているかと」》愛息の1位指名を見届けた黒原の父・和男さん(58)は「1位はあるとは思っていなかったですね。テレビが間違ってるんじゃないかと思って。率直にうれしいですね。みんなに愛される投手になってほしいし、チームの勝利に少しでも役立てる投手になってもらえたら」と頬を緩めた。母・千晶さん(56)も感激した様子。「1日でも長くプロ野球選手でいられるように頑張ってもらいたいです」とエールを送っていた。

関連記事(外部サイト)