日本ハム2位・有薗 千葉学芸初のプロ野球選手に「誇りを持ってプレーしたい」

日本ハム2位・有薗 千葉学芸初のプロ野球選手に「誇りを持ってプレーしたい」

日本ハムのマスコットを手に満面の笑顔を見せる有薗(撮影・長久保 豊)

 ◇プロ野球ドラフト会議(2021年10月11日)

 千葉学芸の有薗直輝内野手(18)が日本ハム2位で指名された。チームメートたちの歓声を聞くと、マスク越しに笑みが広がる。純朴そうな青年は「凄くホッとしている。1年目から自分のアピールポイントを見てもらって、1軍で活躍できたら」と緊張の汗を何度も拭った。

 1メートル85、97キロと恵まれた体格から高校通算70本塁打を放った右の大砲。50メートル6秒1の俊足で、肩の強さも定評がある。将来性抜群の期待のスラッガーは、「広角に長打を打てるのが強み」とアピール。「若くから活躍している野村佑希選手が目標。(オリックスの)山本由伸選手と対戦したいです」と力強く宣言した。

 北海道には幼少時代に一度訪れ「食べ物がおいしかった」とニコリ。「味噌ラーメンや海鮮を食べたい」と目を細めた。北の大地へ希望を膨らませたが、それは千葉・鎌ケ谷で鍛えて1軍に定着してからだ。「しっかり準備していきたい」と気を引き締め直した。

 千葉学芸の高倉伸介監督が「これだけ純粋で素直な選手はいない」と評価する人間性も魅力。ゴルフ部は池田勇太を送り出した名門だが、野球部は創部22年で初のプロ野球選手が誕生した。有薗は「誇りを持ってプレーしたい」と厚い胸を張った。

関連記事(外部サイト)