ヤクルト 2位で明大・丸山の交渉権獲得 明大は12年連続でドラフト指名「伝統つなぐことできた」

ヤクルト 2位で明大・丸山の交渉権獲得 明大は12年連続でドラフト指名「伝統つなぐことできた」

ヤクルトから2位指名を受けた明大・丸山

 ◇プロ野球ドラフト会議(2021年10月11日)

 ヤクルトに2位で指名された明大・丸山はセ・リーグ首位チームからの高評価に「今日一日中、ドラフトのことで頭がいっぱいだった。上位で指名いただき、うれしい」と喜びをかみしめた。明大として12年連続のドラフト指名に「自分たちの代で途切れたらどうしようと思っていた。伝統をつなぐことができて本当に良かった」と笑顔。

 50メートル5秒8の俊足で前橋育英3年夏の甲子園大会では1大会最多タイ記録となる8盗塁をマーク。守備力と走力を最大の武器に外野の一角を狙う。

関連記事(外部サイト)