日本ハム4位の岐阜第一・阪口 内野手として指名受け「大谷選手のようなバッターに」

日本ハム4位の岐阜第一・阪口 内野手として指名受け「大谷選手のようなバッターに」

日本ハムに4位で指名され両手でガッツポーズの岐阜第一・阪口(撮影・亀井 直樹)

 ◇プロ野球ドラフト会議(2021年10月11日)

 岐阜第一の最速143キロ右腕・阪口は、高校通算30本塁打に迫る強打で内野手として日本ハム4位で指名された。今夏の岐阜大会では3試合で3安打を放つも本塁打ゼロに終わり「(指名されるか)不安があった」。憧れのエンゼルス・大谷が日本時代を過ごした球団からの指名に声を弾ませた。

 「大谷選手のようなバッターになるためには最高の球団。球界を代表するホームランバッターになりたい」

 1メートル87、90キロの体格から広角に放たれる打球はプロのスカウトたちをほれぼれさせてきた。甲子園出場はかなわなかったが、2年夏には帝京大可児・加藤翼(現中日)から右翼へ特大弾を放ち一躍有名に。名前の楽(うた)は「たくさんの楽しみを見つけられるように」との願いをこめて付けられた。ファンにたくさんの楽しみを届けられる選手になる。

関連記事(外部サイト)