西武の松坂大輔が19日に引退会見 引退発表から3カ月、平成の怪物が“伝説に終止符を打つ言葉”に注目

西武の松坂大輔が19日に引退会見 引退発表から3カ月、平成の怪物が“伝説に終止符を打つ言葉”に注目

松坂大輔が19日に引退会見

西武の松坂大輔が19日に引退会見 引退発表から3カ月、平成の怪物が“伝説に終止符を打つ言葉”に注目

西武の松坂大輔

 西武は12日、松坂大輔投手(41)が、19日に引退会見を行うと発表した。松坂は西武に復帰した昨年7月5日に「脊椎内視鏡頸椎手術」を受け、懸命にリハビリを続けていたが、最後まで右手のしびれが抜けず、今年7月7日に球団を通じて今季限りでの引退を表明していた。

 その後も公の場には姿を見せていないが、本紙の取材に対して「ファンの方々の声援に力をもらいましたし、リハビリの間にかけていただいた温かい言葉に、何度もマウンドに立ちたいと奮い立たされました。感謝してもしきれません。ありがとうございました。まだいつになるかは分かりませんが、しっかりと会見などで私の言葉を皆さんにお伝えできればと思います」とコメントしていた。

関連記事(外部サイト)