オリックスは負けない 敗色濃厚の8回に宗が2ラン放ちドロー 13日の天王山第2Rに勝てばM7点灯

オリックスは負けない 敗色濃厚の8回に宗が2ラン放ちドロー 13日の天王山第2Rに勝てばM7点灯

<オ・ロ(22)>8回2死一塁、同点2ランを放ち雄叫びをあげ生還し、田嶋に迎えられるオリックス・宗(撮影・後藤 正志)

 ◇パ・リーグ オリックス2ー2ロッテ(2021年10月12日 京セラD)

 オリックスは終盤に追いつき、優勝の行方を占う天王山初戦を引き分けに持ち込んだ。

 先発・田嶋が8回2失点と力投も打線が相手先発・小島を攻略できず7回まで散発4安打。

 それでも0―2の8回2死一塁から、宗が起死回生の同点2ラン。小島の直球を完璧に捉え、右翼席へ運んだ。

 敗戦濃厚の試合を引き分けに持ち込み、13日に勝利すれば、いよいよマジック7が点灯する。

関連記事(外部サイト)