オリックス・宗が泣いた 8回同点2ランを放ち、ベンチで涙腺決壊 2併殺の「借り」返した

オリックス・宗が泣いた 8回同点2ランを放ち、ベンチで涙腺決壊 2併殺の「借り」返した

<オ・ロ(23)>8回に同点2ランを放ったオリックス・宗  (撮影・後藤 大輝)

 ◇パ・リーグ オリックスーロッテ(2021年10月12日 京セラD)

 あふれてくる涙を必死にタオルで押さえた。0―2の8回2死一塁。オリックス・宗が小島の直球を完璧に捉えた。打球は右翼席へ一直線。試合を振り出しに戻す一発にダイヤモンドを一周する間、何度も両拳を握って吠えた。

 序盤は相手右腕に手こずった。初回、先頭の福田が左前打で出塁も二ゴロを打たされ、併殺に。3回1死一、二塁でも遊ゴロで併殺打となりチャンスをつぶし、0行進が続いていた。

 その屈辱をはね返す起死回生の同点2ラン。ベンチに戻ると、悔しさ、嬉しさ、いろんな感情が渦巻いたのだろうか自然と涙があふれ、必死にタオルで抑え、三塁の守備についた。

関連記事(外部サイト)