関本賢太郎氏 阪神の負けられない戦いには“1点取る熱量”が必要 もっと泥臭く戦ってほしい

関本賢太郎氏 阪神の負けられない戦いには“1点取る熱量”が必要 もっと泥臭く戦ってほしい

<巨・神(23)>8回無死、糸原は遊内野安打を放つ(撮影・大森 寛明)

 ◇セ・リーグ 阪神2ー1巨人(2021年10月12日 東京D)

 【関本賢太郎 視点】イニングまたぎのスアレスの熱投には迫力があった。ラスト1球はクイックで162キロを投げ、坂本を空振り三振。見事な投球だった。1点を守ることにチームがささげる熱量は相当なものがある。

 だからこそ1点を取ることにも同じ熱量を費やしてほしい。8回に先頭の糸原が内野安打で出塁し、代走に植田を起用した。そこからの1点を取りに行く策がほしかった。相手に最もプレッシャーをかけるのは送りバントで得点圏に走者を進めること。ロハス・ジュニアにバントが期待できないなら、代打でバントでも良かった。得点できる保証はなくても、継投で見せたように最善を尽くすことが勝利への近道。走者を動かすこともできずに終わった攻撃には不満も感じた。

 残りは10試合しかない。一戦必勝で臨むしかないのだから、打線のつながりを待つだけでなく、泥臭くても点を取る姿勢が求められる。負けられない戦いで選手はタフな状況が続いているが、ここまで来たら、個人の成績を上げるという思考に変えていくことも勝利を呼びこむ一つの手だと思う。

 背中の張りを訴えた大山の状態は気がかりだが、佐藤輝には三塁起用をきっかけにしてほしい。内野と外野では試合への入り方が全然違う。大学時代から体で覚えている三塁でのリズムが打撃に好影響を与える可能性はある。(スポニチ本紙評論家)

関連記事(外部サイト)