DeNA12球団最速「終戦」 先発・東7回1失点の好投も打線援護なく

DeNA12球団最速「終戦」 先発・東7回1失点の好投も打線援護なく

<広・D>7回1死一、三塁、代打・会沢を右飛に打ち取った東(撮影・奥 調)

 ◇セ・リーグ DeNA0―3広島(2021年10月12日 マツダ)

 DeNAは今季最少の2安打で11度目の零敗を喫し、2年連続のBクラスが確定。就任1年目ながら12球団で最速の「終戦」となった三浦監督は「また明日やるだけです。残り9試合ありますから」と必死に前を向いた。

 左肘のトミー・ジョン手術から復帰2戦目の東は7回1失点。だが打線は0―1の8回2死一、三塁で楠本が見逃し三振に倒れるなど精彩を欠いた。「東は球が切れていた」と評した指揮官も打線については「(ゴロを)転がすところは転がす。(走者を)進めるところは進める。その積み重ね」と苦言を呈した。

 三浦監督は2年契約のため来季続投は基本線だが、ここまでリーグ最少の30盗塁と就任時に掲げた機動力は改善されず。残り9試合。来季につながる姿を見せなければならない。(君島 圭介)

関連記事(外部サイト)