伊藤将が中継ぎ待機「目の前の試合を勝つしかない。全力全員でというところ」 阪神・矢野監督語録

伊藤将が中継ぎ待機「目の前の試合を勝つしかない。全力全員でというところ」 阪神・矢野監督語録

<巨・神23> 6回2死満塁、大城を三振に打ち取り、坂本(右)とグータッチをする青柳 (撮影・平嶋 理子)

 ◇セ・リーグ 阪神2ー1巨人(2021年10月12日 東京D)

 【12日の阪神・矢野監督語録】

 ▼巨人に14年ぶりに勝ち越し 勝ち越せたというのはいいことですけどね。今は目の前の試合を勝つというのが僕たちにできることなのでね。もう一回、明日からそこに集中したい。

 ▼坂本のリードを大絶賛 バッテリーの意識の高さというのは勝因だと思うよ。マウンドに行ったタイミングもすごい良かった。アイツのレベルというか、アマチュアからやってきたというものは入ってきた時から高い。でも、結局はピッチャーだけどね。

 ▼伊藤将が中継ぎ待機 いきなり中に入って、厳しい場面はちょっとかわいそうだなというのはあったけど、どういう状況になるか試合が読めないんでね。この3試合は(ブルペンに)入れながら、目の前の試合を勝つしかないんでね。全力全員でというところで将司に入ってもらった。

関連記事(外部サイト)